仕事を辞める勇気を持つために必要な5つのこと

お金・副業・キャリア

もう今の仕事辞めたいな・・・

今この記事を読んでくださっている方の中には、このように考えている方もいるかもしれません。

仕事をしていく中で、自分の中で我慢できる許容範囲を超えてしまったり、心身ともにもうこれ以上はしんどいという時、会社を辞めるのは賢明な決断です。

しかしここで立ちふさがるのが、辞めると会社に言い出すこと。

ここで二の足を踏んでしまい、ずるずると長引いてしまっているケースも少なくありません。

この記事ではそんな方に向けて、仕事を辞める勇気を持つために必要なことについて解説します。

辞めると言い出せない理由を考える

まず最初に考えるべきことは、なぜ辞めると言う勇気が出ないかです。

そこには必ず、何らかの理由が存在するはずです。

例えば、こんな気持ちを抱いていないでしょうか。

・上司の反応が怖い
・周囲の反応が怖い
・言い出すタイミングが掴めない
・言えばもう取り消せない

特に上の2つ(上司の反応が怖い・周囲の反応が怖い)は、自分ではどうしようもない問題であり、不安が大きいと思います。

辞めると言った当日に誰とも関わらずすぐ辞められるならいいのですが、現実には引き継ぎなどもありますし、法律上でも2週間前には退職の意を示さないといけないことが定められているので、そうもいきません。

仕事を辞めるのは、ある意味始める以上にエネルギーを使うイベントなのです。

可能な限りシミュレーションをしておく

辞めるにあたっての最大の関門は、やはり上司に辞めると伝える時だと思います。

これを乗り越えるために必要なことは、事前に頭の中でシミュレーションを重ねることです。

大抵の場合、上司の反応は以下のうちのどれかになります。

・すんなり受け入れられる
・辞めたい理由や次の仕事が決まっているのかなどを聞かれる
・面談を設定され引き留められる
・「また後日ゆっくり話そう」と一旦保留にさせられる

もちろん100%は無理ですが、どんな反応をされたとしても大切なことは、自分が主導権を持ち続けるということです。

真面目で責任感の強い人ほど、ついつい相手に遠慮してしまいがちですが、辞めると決めたのであれば譲らない姿勢を持ちましょう。

この時に逆ギレされたり、後回しにされそうになるといった反応があった場合は、間違いなく辞めた方がいい会社です。

辞めた後のことをある程度考えておく

仕事を辞める場合、考えておくことは主に以下の2つです。

・転職活動
・当面の生活費

転職活動

転職活動は、一概には言えませんが通常は3か月~半年はかかると思っておいた方がいいでしょう。

『自己分析→求人探し→企業リサーチ→応募→選考→採用』という一連の流れを考えると、どうしてもある程度の時間はかかります。

そのため、仕事を辞める決意を固めたならば、なるべく早めに転職活動を始める必要があります。

転職活動で最も重要なのは、自己分析。

ここで自分のこれまでのキャリアの棚卸し、仕事において大切にしていること、今後のキャリアプランなどをいかに練れるかが、新天地でやりがいを持って楽しく働くことが出来るかを分けます。

自己分析について、自力で深掘りするのが難しいと感じる方は、プロのサポートを受けるのがおすすめです。

『キャリアアップコーチング』では、転職支援サービスとして自己分析やキャリアプランの設計などを、プロと一緒に行うことができます。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

理想のキャリア支援をするキャリアアップコーチング

当面の生活費

仕事を辞めた後、次の仕事が決まるまでの間の生活費は、どうしても必要になります。

貯蓄があるならそれに越したことはありませんが、ない場合は短期バイトなどで当面を賄うことになります。

また、あわせて副業である程度稼げるようになっておくと、そのぶんラクになります。

会社に頼らず自分の力だけで稼ぐ方法を身をもって知っておくと、今後自分の視野も広がるので、取り組んでいるみるのもいいでしょう。

どうしても言い出せない時は

どれだけ準備をして、いつでも辞められる状態になっても、肝心の「辞めます」という一言がこどうしても言えない方もいると思います。

特に上司と折り合いが悪かったり、苦手なタイプだと、さらにハードルが上がります。

ベストは自分で直接伝え、堂々と辞めることですが、それが難しいのであれば退職代行を使うのも手段の1つです。

退職者本人に代わって辞めるために必要な諸々の手続きをしてくれるので、とても気持ちが楽になります。

昨今では退職代行を使って辞める人も珍しくないので、恥ずかしいと思わず使えるものは使っていきましょう。

↓↓↓退職代行を利用する↓↓↓

会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

『辞めたらやりたいこと』をまとめておく

これはついでとなりますが、今まで仕事のせいでできなかったやりたいことがあれば、それを列挙しておくことはおすすめです。

そうすると辞めた後のことがとても楽しみになって、辞めるまでに降りかかる苦労などにも、耐えられるようになります。

特に労働時間が長かったり、休みがなかなか取れない仕事の場合、ずっと我慢してやれていなかったことも多いはず。

そんな我慢も、仕事を辞めれば思い切り解放できるので、今後が楽しみになります。

仕事を辞めることは前に進むための第一歩

今の時代、仕事を辞めるのは決してネガティブなことではありません。

むしろ、人生の転換期の1つとして良いイベントです。

仕事なんて世の中にいくらでもありますし、あなたを必要としているところもたくさんあります。

未だに辞めることを「逃げだ!」などと言う人もいますが、そういう人に限って現状を変える勇気がない臆病者だったりするので気にしなくてOKです。

自分の人生は自分で決めるしかないので、こうすると決めたのであればそれを貫くだけです。

勇気をもって仕事を辞めて、前向きな第一歩を踏み出しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました