これからの時代でスペシャリストを目指すべき6つの理由

お問い合わせ

キャリアにおける『スペシャリスト』とは、特定の分野で専門的な知識を有し、現場でバリバリ活躍する存在を指します。

これに対して『ジェネラリスト』は、広範囲にわたる知識を有し、主にマネジメント業務で活躍する存在です。

どちらも社会に必要な存在であり、ここに優劣はありません(どちらが有利かという議論は巻き起こっていますが)。

しかし。これからの時代を考えると、スペシャリストの方がより豊かに楽しく生き残れる可能性が高いです。

この記事では、なぜスペシャリストを目指すべきなのか、その理由について詳しく説明します。

ジェネラリストは組織に所属してこその存在

スペシャリストもジェネラリストも、ともに必要な存在であることに変わりはありません。

しかし、ジェネラリストの性質としては、組織にいることでその真価が発揮されます。

マネジメントは、チームのリーダーや部署のトップや上層部など、いわゆる『まとめ役』です。

つまり、配下に人がいてこれを管理し、全体を良い方向に動かしていくのが仕事なわけですね。

これは組織に所属し、この地位になることを前提としています。逆に言えば、組織に所属せず1人で仕事をすることになっても、このスキルを活かすことはできないのです。

専門知識があれば『個の力』で稼ぐことも可能

先程触れた通り、スペシャリストは特定の分野の専門知識を持つ、いわば特化型の人材です。

多方面での活躍は難しいこともありますが、それを補って自分の専門分野では非常に頼りになる存在。

1つのことに突出したスキルがあれば、どこに行っても即戦力として稼働できます。

何より、たとえ1人でやるとなった時でも、そのスキルを武器に『個の力』で稼げるでしょう。

これからの時代、組織に依存せず自分の力で稼げるのは、非常に重要な要素です。

注目されるやすいのはジェネラリストよりスペシャリスト

ジェネラリストは役割的に、縁の下の力持ちとして裏方のサポートに回ることが多いです。

時にはメンバーのメンタルを支え、時にはメンバー間で生じた摩擦の緩衝材となり・・・と、状況に応じて柔軟に動く力が問われます。

これは絶対に欠かせない仕事ですが、最大の欠点は『表立って注目されたり評価されない』ということ。

仕事で見られるのは基本的に『結果』であり、『過程』ではありません。

すると、結果を生み出した人間だけが注目され、それを背後で支えた人間はいないように扱われるのです。

残念なことに、現代社会ではこうした場面が往々にしてあります。

正直言って、ジェネラリストは苦労が多く大変なのに、それが報われる機会に恵まれていません。

それよりも、スペシャリストでいた方が注目も評価も受けられて、キャリアアップが可能です。

資格や実績など目に見えるものが示せる

スペシャリストは注目も評価も受けやすいので、実績を示すことがジェネラリストに比べて簡単です。

つまり、客観的に見た時に分かりやすいのです。

人間は分かりやすいものが好きなので、関心を持ってもらえることが多く、そこから自分のアピールに繋げることが可能です。

これは対外的な評価が重要視される場面(転職活動、自分の売り込み等)で効果的なものです。

スペシャリストは得しやすい

ここまでお読みいただいて分かる通り、スペシャリストは総合的に見て得をしやすい環境が整っています。

もちろん結果は出さなければなりませんし、常に専門分野のスキルについて研鑽は欠かせません。

しかし、それらをおさえておけば、努力に見合った評価がされやすく、報われるタイプと言えます。

そうしたことがあると、自己肯定感も上がって、より良いパフォーマンスを発揮できる・・・と、好循環が生み出されます。

『人並み程度』では生き残れない

ジェネラリストは各分野をバランス良くおさえており、これを背景としたマネジメントが可能な存在です。

いわゆる万能型ではありますが、見方を変えると器用貧乏とも捉えられます。

現代では、器用貧乏は「誰でもやれる」とみなされがちで、評価は決して高くありません。

「誰でもやれる」ということは、人並み程度と思われていることと同義。

それよりも1つに特化したスペシャリストの方が、評価が高いのが現実です。

もちろん本当はそんなことないのですが、社会的にそう見られている状態であり、これが変わるとしてもかなり先でしょう。

スペシャリストとしてのキャリアを積み上げよう

以上がスペシャリストを目指す理由です。

組織ではジェネラリストもスペシャリストも必要ですが、個人として仕事をするにあたっては、スペシャリストが断然有利です。

終身雇用制度が崩壊し、大企業すら安泰ではない今の世の中では、スペシャリストとしてのスキルを持っていた方が安心です。

いざという時、自分の力だけで仕事をして生きていくことも、ジェネラリストよりしやすいからです。

どの分野でスペシャリストとなるか、また具体的にどうやってキャリアを積み上げていくかは、事前のプランが重要となります。

とはいえ、キャリアについて考えるのは、自力では難しい場合もあります。

もしここで悩むようであれば、第三者のサポートを受けることをおすすめします。

『キャリアアップコーチング』では、キャリアに悩む方向けにコーチングを行っており、今なら無料でお試しが可能。

自分だけでは気付けないこともあるので、受けてみる価値は十分あります。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

理想のキャリア支援をするキャリアアップコーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました