腐った組織は今すぐ辞めるべき!共通する6つの特徴

お金・副業・キャリア

組織というのは、多くの人間によって形成された集団です。

会社、団体、組合…などなど、1人では不可能なことを可能にする、強力なパワーを持っています。そのパワーを以て、利益を得ています。

しかし、中にはより大きな利益を求めたことで、腐ってしまう組織もあります。

結論を言うと、そんな組織からは今すぐ抜け出すことをおすすめします。

この記事では、腐った組織とはどんな組織なのか、またそこに共通する特徴等について説明します。

腐った組織とは

「腐った」と言っても、それが具体的に何を指すのかは曖昧ですよね。

明確な定義はありませんが、基本的には「上層部~現場のスタッフまで、全ての階層(役職)の社員がヤバい奴でほぼ占められている」ことを指すと思っていいでしょう。

ヤバい奴とは、主に以下のようなタイプです。

・責任感が無い
・勤怠が悪い(遅刻を平気でしてくる)
・いかにサボろうか考えている
・組織のルールを守らない
・能力が低いのにプライドだけ高い
・自分を客観的に見つめられていない

もしあなたが組織にいて、「バカが多いな…」と感じたら、そこは間違いなく腐った組織です。

腐った組織を今すぐ辞めるべき理由

「そんな簡単に辞められないよ…」という人もいると思いますが、腐った組織に残るとあなたにも腐り気質が移ってしまう可能性があります。

自分にはそんな気がなくても、「ああはならない!」と心に決めていても、環境が人間に及ぼす影響はとても大きく、いつの間にか腐った一員になってしまうもの。

1度腐り気質が根付いてしまうと、これを拭い去るのは容易ではありません。

その組織にいる限りは良くても、他の場所へ行った時に自分自身が非常に苦労する羽目になります。

長くいればいるほど毒される濃度も高くなるので、可能な限りすぐに辞めるべきなのです。

腐った組織の特徴

前述の通り、腐った組織にいるのはヤバい奴が大半です。

そして、それが起因となって以下の問題が発生します。

社員が舐めきっているため改善が期待できない

実は腐った組織というのは、少なくとも現場で働く人間は、その事実に気付いています。

しかし、辞めずに残っているのは何故か。

答えは簡単で、「好き勝手やっても大して怒られないから」です。

彼等はよほど大問題を起こさなければ、クビにされることがないと分かっています。

そして、そんな生ぬるい場所でできる限りラクをして、お金をもらえればいいと考えているのです。

つまり組織を舐めきっているので、自らの行いを反省することはせず、注意しても改善などしません。

そのためパフォーマンスが良くなることはなく、組織の成長も見込めないので、自分が頑張っていても逆に浮いてしまい居づらくなってしまいます。

管理職が管理職の仕事をしていない

腐った組織の管理職は、管理職として当たり前の仕事ができません。

つまり部下のマネジメント(キャリアアップ、パフォーマンス、メンタル等のフォロー)が皆無なので、部下は組織内で自分の進むべき方向が分からなくなります。

その結果、優秀な部下は今後の自分のキャリアを考えて早々に見切りをつけて辞めていきますし、残るのはそういったことすら考えられない問題児ばかりです。

そして当の管理職は、なぜそのような事態が起きているかも自己分析できず、上層部から問い詰められ右往左往するのみです。

方針・命令に『人の心』が通っていない

腐った組織は、立場が下の人間のことを考えたりしません。

そのため、打ち出される方針や命令は、人間としての最低限の礼節すらないものになります。

それがもたらすものは、強烈な反発と退職率の上昇です。

しかしそれに対して行われるのは、求人の募集だけで、方針や命令に問題がなかったかを省みたりはしません。

そうして人が辞めては入れて・・・を、永遠と繰り返します。

評価されるべき人が評価されない

腐った組織では、真面目にやる人がバカを見ることになります。

反対に、クソみたいな人間は良い部分だけを見せるので、評価されやすくなっています。

そうしたことが続くと、真面目にやっても報われないことに気付き、真面目でなくなるか辞めるかのどちらかになります。

優秀な人材を潰すのは、腐った組織の十八番といっても過言ではありません。

誰も危機感を抱いていない

腐った組織の最大の特徴は、明らかにマズい状態であるにも関わらず、誰もそこに危機感を抱いていないことです。

このままいけばいつか倒産するだろうと予想できるはずなのに、「今は何ともないし大丈夫だろ」と、まるで問題と思いません。

そうしてそのままで時間が過ぎ、倒産の憂き目に遭います。

「そんなバカな」と思うかもしれませんが、筆者は過去にそれで倒産した組織に所属していたので、これは紛れもない事実です。

自分のキャリアを慎重に考えよう

腐った組織は、遅かれ早かれ必ず潰れます。

そしてそれは、ある日唐突に知らされることとなり、これからの身の振り方を考えなければいけなくなります。

腐った組織で得られることはほとんどなく、将来の実績となることも作れない場合がほとんど。

つまり、あなたの大切なキャリアに、大きなマイナス付けてしまうことになりかねません。

そうならないためにも、早急にそこから抜け出し、良いキャリアを積めるように行動していくことが必要となります。

将来の自分が後悔することのないよう、まずはキャリアプランを慎重に考えましょう。

『キャリアアップコーチング』では、キャリアについて悩む人をサポートしています。

無料相談も行っているので、1度試してみることをおすすめします。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

理想のキャリア支援をするキャリアアップコーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました