格闘技で弱気や臆病な性格は変わるのか

格闘技のこと

世の中には弱気で臆病な人というのが一定の割合で存在します。

そんな自分を変えたくて、格闘技を始めてみたという人も多いのではないでしょうか。

では、格闘技をやれば本当に弱気や臆病な性格は変わるのか。

今回はその点についてお話したいと思います。

変わることは出来るけどとても大変

まず結論から申し上げますと、格闘技をやることで自分の性格を変えることは出来ますが、それは決して簡単ではありません。

これはあくまで僕が実際に経験したことなので、もしかしたら人によっては「そうじゃない」と言われるかもしれません。

しかし、少なくとも僕は格闘技を10年以上やってきて、それまでの自分の中にあった弱気で臆病な性格を変えるのは生半可なことではないと思いました。

それはどれだけ練習を重ね、どれだけ経験をしたかに関わらずです。

格闘技でメンタルが強くなるというのはある意味では嘘であり、ある意味では本当

よく「格闘技で心身ともに強くなって苛められなくなった」とか「格闘技で更正できた」という美談を聞きます。

これは本人が格闘技を始めたことによって苛める側が苛めにくくなった(やり返されるかもしれないという可能性が生まれた)、格闘技で色々な人から褒められるようになって自分を肯定することが出来るようになった等の様々な理由があると思いますが、メンタルが強くなったのはその出来事によって自分に自信が付いたからであって、格闘技が直接的に影響を与えたわけではないと思っています。

つまり、
格闘技を始めた=メンタルが強くなった
ではなく、
格闘技を始めて周囲の反応が変わり、自分に自信が付いた=メンタルが強くなった
ということです。

確かに格闘技はメンタルを強くするためのキッカケを与えてはくれますが、それでメンタルが必ず強くなるとは言えないということです。

本当に格闘技をやっているというだけでメンタルが強くなるのであれば、誰も試合前に緊張したりはしないはずです。

格闘技はキッカケであって、そこから本当に自分を変えられるかは自分次第

上記の通り、格闘技は自分の性格を変えるキッカケを与えてくれます。これは間違いない事実です。

しかし、格闘技で本当に変われるかは自分の頑張り次第です。

ジムにロクに行かず練習もせずに、変わることは出来るでしょうか?

ジムにいる人達と一言も会話せず、暗い表情で居続けて変わることは出来るでしょうか?

弱気で臆病な性格はそれまでの自分の生活や他人との接し方で培われたものなので、1~2日で変えられるような甘いものではありません。変えるためには、自分の行動や考え方を見直す必要があります。

本気で格闘技をやって変わりたいと思うならば、それなりの覚悟が絶対に必要です。

それを踏まえた上でなお、格闘技で自分を変えたいのであれば、諦めることなく突き進んでいってほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました