ガリガリ・ヒョロヒョロ体型でもキックボクシングはできるのか?

格闘技のこと

キックボクシングは老若男女誰でも楽しめるスポーツですが、それでも自分の現在の身体を省みて、始めることを躊躇する人は多いです。

今回の記事はその中でも、

・キックボクシングを始めたいけど、自分はガリガリでヒョロヒョロ体型だからやってもいいのか悩んでいる…

という人に向けて書いています。

結論:やっていいに決まっている!というかやるべき!!

もうタイトルにも書いているのですが、たとえガリガリ・ヒョロヒョロ体型だとしてもキックボクシングは十分やれます。

最初は練習に付いていくのが精一杯で大変かもしれませんが、続けていけばいくほど筋肉がついて身体つきが変わります。

太って逞しくなるには食事面なども見直す必要があるため難しいところもありますが、程よい筋肉に引き締まった肉体になることは可能です。

最初がガリガリ・ヒョロヒョロであればあるほど、伸び代しかないです。

なぜそんな風に断言できるかというと、僕自身はガリガリ・ヒョロヒョロ体型であった昔を経て、今を迎えているからです。

自分の体型をバカにされ劣等感を抱く日々

僕は子どもの頃から細く、力もありませんでした。

そのため同級生からはバカにされ、「お前と喧嘩しても絶対勝てるわー」と言われていました。

今でも覚えているのはある女子が開けられず、他の男子も開けられなかった瓶のフタを、たまたま僕が開け方を工夫してみたところ開けられた時。

他の男子が「こいつが開けられて俺達が開けられなかったのは納得できない」と言って、わざわざもう1度フタを固くしめ直し、僕と同じ方法でフタを開けてドヤ顔をしたことです。

この時に僕は「あ、こいつらは自分達の方が僕より上だと思っていて、何が何でも負けたくないんだな」と思いました。

幸い苛められるとかはありませんでしたが、女子からも「頼りがいないよね」と言われたりするなど、常に体型に劣等感を抱いていたのを覚えています。

キックボクシングを始めて体型も周囲の評価も変わった

そんな僕でしたが、キックボクシングを始めると徐々に体型が変わっていきました。

開始当初は

・身長:173㎝
・体重:
57㎏

だったのが、今では

・身長:174㎝
・体重:
61㎏

と、細身であることに変わりはありませんが、先程言ったように筋肉が全身にしっかり付いています。

久しぶりに会った当時の同級生からは、

・腕の太さがヤバい
・殴られたらマジで骨折れる
・あの頃とは別人

と驚かれ、評価がガラリと変わりからかわれることはなくなりました。

初対面の人にも「ガタイが良いですね!何かされてるんですか??」と言われるなど、今やガリガリでヒョロヒョロだった頃の自分は存在しません。

僕がこうなれたのはキックボクシングをずっと続けてきたからこそです。

迷っている暇があったら今すぐキックボクシングを始めよう!

「こんな自分がジム行っても他の人にボコボコにされるだけなんじゃ…」とか、「またバカにされるんじゃ…」などと心配する人もいるかと思います。

しかし、ジムには本当に各々が自分の目的(ダイエット・健康維持・新しい趣味の開拓など)のために来ているので、そんなことは一切ありません。

指導してくれるトレーナーも各自の目的に合わせて練習の難易度を変えてくれるので、しごかれるなんてこともありません。

本気で自分の体型を変えたいなら、今すぐジムを調べて通い始めることをおすすめします!

ジムの選び方や始め方については、以下の記事にて説明していますので良ければどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました