【キックボクシング】アンクルサポーターとは何か?その効果と選び方について

格闘技(関連)商品紹介

キックボクシングで使用する道具の1つに、『アンクルサポーター』というものがあります。

その名の通りアンクル(足首、足関節)のサポーター(保護する)ですが、具体的にどんな効果があって必要なものなのかよく分からない方も多いのではないでしょうか。

この記事を読むと以下のことが分かります。

・アンクルサポーターとは何なのか知りたい
・付けることでどんな効果があるのか
・価格はどれくらいするのか
・買う場合の選び方

僕は格闘技歴10年以上で、アマチュア選手としてキックボクシングの試合にも出場した経験がありアンクルサポーターもよく使っていました。

その知識と経験をもとに、アンクルサポーターについて詳しく説明していきます。

アンクルサポーターとは何か?

上述の通り、足首などを保護するための道具です。

これはバンテージやボクシンググローブなどとは異なり、必須の道具というわけではありません。

おそらくご自分が通われているジム生の中でも、付けている人と付けていない人がいると思います。

しかし必要か不要かと聞かれたら、少なくとも僕は必要だと答えます。

その理由は、アンクルサポーターを付けることで得られる効果にあります。

アンクルサポーターの効果

アンクルサポーターの主な効果は、このようなものとなります。

・足首の捻挫などの防止
・脛の裂傷などの防止
・キックした際の衝撃の緩和
・汗によるスリップの防止

キックボクシングでは、ファイトスタイルにもよりますが基本的にキックが攻防の要です。

当然ながら、ロー・ミドル・ハイキックや前蹴りなどを使いこなし闘うことが必要です。

その中で足首や脛のケガをするリスクは高く、ケガをしてしまうと満足なパフォーマンスが出せません。

また、自分や相手の汗が原因となってスリップし、思わぬケガを負うリスクもあります。

アンクルサポーターはこうしたリスクを軽減するために一役かってくれる道具なのです。

僕も使う前は「こんなものでそんなに変わるのか…?」と半信半疑でしたが、いざ使ってみるとありがたさを実感しました。

だから、個人的には絶対に使用した方がいいと思っています。

アンクルサポーターの平均価格と選び方

アンクルサポーターは高価なものではありません。

ネット検索で調べてみると分かりますが、だいたい1000~4000円くらいが平均的な価格となっています。

学生のお小遣いやアルバイト代で十分手が届く範囲だと思います。

選び方ですが、正直極端な安物でない限りはそこまで差異はないので、自分が好みのデザインやメーカーのものを購入すればOKです。

繰り返し使っているうちに生地が少しずつのびてきて、アンクルサポーターとしての効果が薄れてくるので注意しましょう。

その場合はもったいぶらずに新しいものを購入することを強くおすすめします。

また、練習頻度にもよりますが最低でも2セットあったほうが連日使う場合も洗濯が追いつき、消耗度も少なくなって結果的に長持ちすると思います。

おすすめのアンクルサポーター

「自分の好みでOK」とお伝えしましたが、それでも『自分では迷ってしまって選べない!』という方もいるかもしれません。 

僕はいくつかのメーカーのアンクルサポーターを使ってきましたが、その中で価格はそこそこかつ使い心地も良かったものは『Windy』製のものでした。

『WINDY』はムエタイの本場であるタイのメーカーで、タイでは2大ブランドの1つとして日本のキックボクサーも道具を愛用していますので信頼性も高いです。

初めて買うのにどれがいいか分からず困っている方は、とりあえずこれを選べばハズレはないと思いますのでよければどうぞ。

Fitness Online フィットネス市場
¥2,500 (2022/09/22 20:00時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

まとめ

本記事をおさらいします。

・アンクルサポーターは脛や足首を保護し、汗によるスリップを防止する効果がある
・使用は必須ではないが、使った方が良い
・価格は1000~4000円が平均
・自分の好みで選べばOKだが、迷ったら『WINDY』製のものがおすすめ

アンクルサポーターは練習はもちろん、試合でも使用が認められています。

付けていると違和感を覚える人もいるため、使ってみて不要であると思ったら外してもOKです。

ただ、ケガの防止という観点から見ると、あった方が安全性は高まります。

まだ使ったことがない方は、1度使ってみてぜひ効果を実感していただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました