副業を毎日1時間するだけで稼げるのか【経験者が解説】

お金・副業・キャリア

副業で会社員生活から脱出したいけど、仕事が忙しくて毎日1時間くらいしかできなさそう・・・これじゃ無理かな・・・?

こんな疑問にお答えします。会社員として日々働いていると、「今のままでいいのだろうか?」と考えることがたくさんあると思います。

朝起きて、満員電車に揺られ、夜に仕事を終え帰宅。そんな日を繰り返すだけの生活から抜け出したいと思うのは、何もおかしくありません。

そこで副業を始めて生活を変えたいと思いつつも、なかなか時間を取れない方もいることでしょう。

この記事では、実際に会社員として仕事をしながら副業をしている僕が、その経験を踏まえてお話していきます。

これから副業デビューを考えている方の参考になればうれしいです。

毎日続ければ1時間でも稼ぐことは可能!

まず結論から申し上げますと、たとえ1時間でもこれを毎日続けることで、副業稼ぐことは可能です。

もちろん、作業時間をこれ以上に増やせるのであれば、それに越したことはありません。

1時間より2時間、2時間より3時間取れればそれがベストです。

しかし、現実問題として会社員として仕事をしながら時間を確保するのが難しい方はいらっしゃると思うので、まずは1時間しっかり取り組むことを目標にすれば良いでしょう。

ポイントはとにかく毎日続けること、これに尽きます。

「作業時間が足りない」という声は気にするな

副業でゴリゴリに稼いでいる方の中には、「最低でも10時間は作業に充てるべきだ!」などのマッチョ発言をする方もいらっしゃいます。

その意見は正しく、なるべく短期間で大きな金額を稼げる可能性を高めたいのであれば、使える時間は全て副業に使うくらいの覚悟が必要です。

しかし、それほどの強い意志を持ち取り組み続けるのは、正直かなり辛く厳しいものになるのは間違いありません。

人間、自分が自由に過ごせる時間を確保しておかないと、知らないうちにストレスを溜め込み心身に支障をきたす可能性があります。

そうならないためにも、自分に負担をかけすぎない無理のない範囲で続けていければ、それで問題ありません。

続けていくうちに慣れてきて、「もう少し頑張れるな」と思えるようになってきたら、徐々に作業時間を増やしていきましょう。

作業する時間は早朝がオススメ

「副業に1時間使うとして、どうやって捻出しようか・・・」と考えている方もいるかもしれません。

そんな方に僕がオススメする時間帯は、ずばり早朝です。

その主な理由は以下の通り。

・誰にも邪魔されない
・体力が豊富な状態
・早起きする習慣が身に付き健康的

仕事の合間や仕事後にやろうとしても、様々な連絡が来たりしてなかなか集中する環境が整えられません。

早朝であればそうしたものもなく、ゆっくりと取り組むことが可能ですし健康的な1日を始められます。

また、仕事終わりにやろうとしても疲れていて、途中で寝落ちしてしまう可能性が大です。

以上のことから、副業はぜひ早朝に行いましょう。

いつもより1時間ほど早く起きるのは最初しんどく感じますが、習慣化できればなんてことはなくなります。

自分を律して集中できるかが勝負

早朝の作業は基本的に、自宅で行うことになることがほとんどです。

すると問題になるのが、様々な誘惑に惑わされること。

テレビ、新聞、パソコン、スマホ・・・

時間を使おうと思えば、いくらでも使えるコンテンツが僕達の身の回りには溢れています。

そうした誘惑に打ち勝って、集中して作業に没頭できるかが重要なポイントとなります。

1時間は長いようで、モタモタしているとあっという間に過ぎ去る短いもの。

特に寝起きでボーっとしていると、何もせず終わってしまうこともザラにあるので(実体験です 笑)、気持ちを切り替えて行いましょう。

個人的にはコーヒーや紅茶などを飲むと目も冴えやすくオススメです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

『いつか必ず報われる』と信じ続ける

副業の最大の敵は、自分自身のモチベーションです。

本業の仕事をしながら毎日続けるだけでも大変なのに、目に見える結果がなかなか出てこないため心が折れてしまう方がとても多いのが現実です。

しかし、副業で成功して会社員の生活から抜け出すためには、ここは乗り越えるしかありません。

繰り返しになりますが、まずは目先の結果を見ずに、とにかく『毎日続ける』ということを目標にしましょう。

僕自身挫折してしまいそうになったことは何度もありましたが、「いつか必ず報われる」と信じ続けて、今があります。

副業は続けてさえいれば、誰にでも成功できる可能性があることを忘れずにいてもらえればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました