【元インストラクターが解説】ダイエットに失敗する女性に共通している5つの特徴

格闘技のこと

僕は以前、某大手フィットネスクラブでインストラクターをしていました。

そこには毎日、ダイエットを目的とした女性が体験・見学・入会をしてきて、僕もその方々に対応する日々を送っていました。

しかし、そのような女性の大半は、当初自らが掲げていた目標(体重マイナス○㎏!など)を達成することなく、いつの間にか退会していたり幽霊会員になっているのが実情です。

そしてその中で、ダイエットに失敗する女性にはいくつかの共通点があることに気付きました。

この記事では、そんな女性の特徴について、解説していきます。

習慣を変えられない

ダイエットにおいて、無理な我慢は禁物です。

ストレスがかかることで心身の調子を崩すこともあれば、ダイエットに成功してもリバウンドするリスクも高まるからです。

そのため、我慢するのではなく、ダイエットの妨げになっている今の習慣を変えることが必要となります。

しかし失敗する女性は、これを乗り越えることができません。

具体的な例として僕がよく覚えているのが、『朝食の置き換え』です。

当時、フィットネスクラブと置き換えダイエット食品を提供している会社のコラボで、会員に置き換え食品を試食してもらうイベントを実施しました。

無料ということもあって、多くの人が集まり賑わったのですが、試食した女性の中からこんな声が聞こえてきたのです。

「美味しいけど、これじゃ物足りないわよね~」

そもそも置き換え食とは、普段の食事からこれに変えることで栄養バランスを保ちつつカロリーなどを抑え、ダイエット成功を目指すものです。

当然今まで自分達が摂ってきた食事に比べれば物足りなく感じてもおかしくありませんが、それを変えるのが目的なのです。

そうしたことができないのであれば、ダイエット成功には程遠いでしょう。

ジムに通えば痩せると思っている

「フィットネスクラブに通っている」という事実は、時にステータスの1つになるようです。

というのも、時折電車の中でおばさま方が

おばさんA:「私、いまダイエットのために週○回あそこに通ってるのよ~!」
おばさんB:「え~○○さん頑張ってるわね~!」

などと会話しているのが耳に入ってくるからです。

しかし、ダイエットにおいて肝心なのは、『どこにどれくらい通っているか』ではなく『何をどれくらいやっているか』です。

ダイエットが続かず挫折する女性に多いのが、通いさえすれば何とかなる(痩せられる)と思っていること。

実際はそんなことなく、ちゃんとトレーニングを頑張らないと何も得られません。

そして失敗する女性ほど、毎回大した運動をせずに帰っていきます。

運動する時間より話している時間の方が長い

フィットネスクラブに1日いるととてもよく分かるのですが、せっかく来ているにも関わらず、会員同士で長時間話している女性はとても多いです。

下手をすると、トレーニングしている時間より話している時間の方が長いというパターンもたくさんあります。

運動量と時間は必ずしも比例するものではありませんが、それでも最低限のトレーニングにはある程度の時間は必要です。

それすらせずに、いつまでも話しているだけでは、どれだけ通っていてもダイエットが成功することはないでしょう。

スタジオレッスンばかりやっている

これも女性にとても多いのですが、フィットネスクラブに来てはいるものの、スタジオでエアロビクスばかり・・・というより、エアロビクスしかしていないことがあります。

もちろんカロリー消費はしますし、汗もたくさんかけるので充実感は味わえるでしょう。

しかし、これだけでダイエットを成功させるのは、正直かなり大変です。

ダイエットを成功させるために必要となる要素の1つに、基礎代謝があります。

これは簡単に言えばなにもしていなくても消費するエネルギーのことで、これが高ければ高いほど太りにくくなります。

そして、それを高めるには身体の筋肉量を増やすことが必要で、トレーニングで増やすことが必要となるのです。

エアロビクスは、ランニングなどと同じで有酸素運動の要素が強く、筋肉量を増やすという点ではあまり有効ではありません。

しかし、女性はウエイトを使ったトレーニングに抵抗感を示す場合が少なくなく、だから基礎代謝が上がらず瘦せないパターンが多いです。

全然できていないのに文句ばかり言う

woman with tape measure worried about weight

スタジオレッスンの延長線上の話になりますが、終了後に担当インストラクターに「もっと運動量の高いプログラムにしてほしい」などとリクエストしている方を時折見かけます。

インストラクターも笑顔で「検討しておきますね~」と応じるのですが、後でそのインストラクターが「ああ言うけど、今だってちゃんと付いてこれてないのに、これ以上上げられるわけない」と言っていたことを、僕は今でも鮮明に覚えています。

確かにレッスンを見ていると、インストラクターの動きにちゃんと付いてこれているのは、本当に一握り。

ほとんどはワンテンポどころではない遅れで、動きもぎこちないことが多いのです。

これは自分の身の丈を自覚していない証拠であり、こういったタイプはダイエットも「自分はこんなに頑張ってるのに何で痩せないの?」と自分に原因があるとは思わないため、成功するのはとても難しいです。

ダイエットに成功したいなら

以上、ダイエットに失敗する女性に共通する特徴を解説しました。

「ダイエットしなきゃ~」なんて気軽に言う女性はとても多いですが、本当にダイエットで成功したいのであれば、いい加減な気持ちではできません。

もちろん具体的にどの程度のダイエットをしたいのかにもよりますが、単に食事量を減らすなどの方法だけでは、ほとんどが意味がないのです。

成功に必要なことはたった1つだけなので、詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みいただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました